乗務員が人命救助により感謝状を受けました

 2005年1月13日、当社乗務員の渡邉(浩)が、印西地区消防組合から人命救助による感謝状を受けました。
 2004年12月9日19時15分ごろ、白井工業団地発高柳駅行きバスを担当して始発の「白井工業団地」停留所を出発した直後、運転席の直後にお掛けになったお客様の息遣いがおかしいのに気づいてバスを停車させたところ、そのお客様は意識を失って倒れられ、一時的に心停止の状態に陥りました。乗務員は直ちに運行を中断、手持ちの携帯電話で119番通報すると共に、車内の他のお客様のご協力を得て必要な救命処置を行い、通報を受けて駆けつけた救急隊に引き渡しました。バスは20分ほど遅れて運行を再開、お客様は搬送先の病院で意識を取り戻され、順調に回復されているとのことです。
 今回は、この迅速かつ適切な処置が人命救助につながったとして、担当乗務員の渡邉(浩)と、当時車内に居合わせ、倒れたお客様に乗務員と共に心臓マッサージを施した薮崎様の2人が感謝状を受けることになりました。

 ちばレインボーバスをはじめ、京成グループのバス会社では、バスの運転技能、お客様への応対に加え、応急救護処置なども定期的な研修の中に盛り込み、不測の事態に備えています。実際にこうした緊急事態に遭遇した場合、冷静な対応はなかなか難しいものですが、今回は乗り合わせた他のお客様にもご協力をいただき、尊い人命を救うことができました。
 こうした経験を糧に、今後とも安全に、気持ちよくご乗車いただけるバスを目指して努力してまいります。皆様のご利用をお待ちいたしております。